フラッシュモブ

レストランでプロポーズフラッシュモブ!依頼主はなんと〇〇歳?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レストラン×プロポーズフラッシュモブの記事のサムネイル

みなさんこんにちは!
中央大学フラッシュモブ3期生広報部のすぎです!

 

今回はみなさんに8月に行われた
「レストラン×プロポーズフラッシュモブ」の様子をご紹介します!

 

「レストランでプロポーズしたい」と考えているそこのあなた、ぜひフラッシュモブでプロポーズをしてみませんか?

 

…え、恥ずかしい?

 

分かります分かります。
ですが、そんな考えはこの記事を読んだら吹き飛んでしまいますよ!
ぜひ、最後の最後までご覧ください!

フラッシュモブの概要

まずは、概要からご紹介します!

本番動画(YOUTUBE)

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

今回のビデオは、Xfancy株式会社様に撮影していただきました。

ステキな映像に仕上がっていますよね!

ご依頼の経緯

というわけで、上のビデオはご覧になられましたか?

見てない人は今すぐ見てください!3分かかりませんから!

 

ご覧になられた方、ありがとうございます!

概要の通り、なんと今回は50歳の方からのご依頼でした!

 

依頼者様の窪田様には、既に婚約者がいるもののちゃんとしたプロポーズを行えずにいました。

 

そこで、

「自分と結婚してくれてありがとう。」

 

という想いを「フラッシュモブで伝えたい!」とお話をいただいたというわけです!

 

プロポーズフラッシュモブというと、気恥ずかしいですし
リスクを考えてしまう方もいるかと思いますが、
このような「感謝」という形でのフラッシュモブもあるんですよ~

 

続いては、「実際何をやったのか」演出をおおざっぱに流れで説明しますね!

フラッシュモブの流れ・演出

8月の終わり、残暑の残る夕暮れ時…

まず、依頼者様(旦那様)と婚約者様・ご家族がレストランのテラス席に案内されます。

 

依頼者様はお手洗いで席を離れます。

 

しばらくすると、突然音楽(BrunoMars: MarryYou)が流れだし、店員さんがサプライズプレートを持って登場!

 

驚くターゲット(婚約者様とご家族)。

 

おそらくこう思ったことでしょう。
「旦那トイレなんだがなにしてんだ…」

 

そして!

プレートを渡した店員さんがさらに踊りだします!

 

近くにいた店員さんも加わって踊りだしました!

…そしてさらに、テラス席の脇から出てくるモブ員(当団体員)。

 

あっという間にテラス席がモブ員でいっぱいになりました!

 

そして、曲が終わりみなさん退場…

 

と思いきや、2曲目(BrunoMars: Just The Way You Are)が流れ出して…

 

 

レストラン×プロポーズフラッシュモブの花を渡すシーン

隣のテーブルのお客さんがお花をプレゼントしてくれました!

 

実は、テラス席のお客さんはサクラだったんですねぇ。

 

お花をもらってもっと驚くターゲット!

レストラン×プロポーズフラッシュモブで2曲目で踊るシーン

まだまだモブは続きます…

 

そして2曲目のサビが終わると婚約者様をモブ員が誘導します。

 

なんだなんだ??

 

大量のモブ員が壁になり奥が見えません。

 

モブ員が一斉にはけると…

流れるレッドカーペット!

歩いてくる依頼者様!

手には100本のバラが!(本物ですよ!)

 

バラをお渡しして、手紙で感謝を伝え…

レストラン×プロポーズフラッシュモブで手紙を読むシーン

指輪をはめると同時に拍手の嵐!

 

フラッシュモブ大成功です!

 

最後は記念撮影をして終了しました。

レストラン×プロポーズフラッシュモブの集合写真

筆者の想い

以上が、フラッシュモブの流れでした。

ここからは筆者すぎの個人的な想いを少々。

外部の方には伝わらない話も多いかと思いますが、
こんな気持ちで僕たちが活動しているんだということが伝われば幸いです!

 

興味ないわ!という方!閉じずにコチラだけはチェックしてください!

 

~~~~~~~

実は、僕はこれが引退前最後のフラッシュモブでした。
当団体では、フラッシュモブの度にプロジェクトチームを立ち上げるのですが、
僕は広報担当という役割でチームに参加しました。

 

最後のモブでプロジェクトチーム入り。気合が入らないわけがありません。

ファーストミーティング(プロジェクトチームの顔合わせ、方針決定)から約2か月、全力で駆け抜けました。

 

気合が入りすぎたゆえ、参加してくれたほかの人に引かれてしまうような瞬間もありました。

それでも、最後には参加者全員が笑って終わることができたのが本当に良かったです。

 

実は、このフラッシュモブは通常の半分程度の期間で完成させなければならないというハードなものでした

会場決めから、演出の決定、練習期間、どれをとってもギリギリでした。
正直成功するイメージが持てない時もありました。

 

本番直前に、悩みに悩んで演出を大きく変えたこともありました(普段は滅多に起きないことです)。

 

ですが、全員がフラッシュモブの成功を、依頼者様とターゲット様の「幸せ」を作り出すために全力で取り組めたからこそ、そんな極限の状態でも大成功することができたんだと思ってます。

 

会場決めに奔走してくれた渉外担当の「あやと、ゆきね」

見事なコーヒーカップやお花を作って、厳しい予算でバラ100本を用意してくれた「わだみ、ひかる」

人員管理だけじゃなくて、いつも周りを見て全体がうまくいくようにサポートしてくれた「りょーちゃん、みさと」

少ない練習期間でもキレイに見せられる振りを作って、みんなに教えて引っ張ってくれた「こでぃ、たまき、ざきやま」

同じ広報担当としてはもちろん、チームのみんなに誰よりも発破をかけて元気づけてくれた「かいと」

副代表として、そして一担当者としてずっと一緒に悩んでくれた「けんた」

お店をお借りするだけでなく、演出について親身になって一緒に考えてくれた「大さん(お店の店長さん)」

そして、このフラッシュモブに参加してくれた「モブ員のみんな」

そして…

私たち中央大学フラッシュモブにご依頼してくださった「窪田さん」

 

本当にありがとうございました!!

この場をお借りして改めて感謝を伝えさせていただきました。

 

窪田さん一家が、末永く幸せに暮らせるよう部員一同、心からお祈りしております!
また、お店行かせてくださいね!
~~~~~~~

 

~お知らせ~

中央大学フラッシュモブでは
絶賛依頼募集中!

 

プロポーズ、結婚式、結婚記念日、クリスマスなど・・

あなたのなんでもない1日を特別な日に、
特別な日を一生忘れられない日に。

 

私たちは全力でお手伝いさせていただきます!

ご依頼、ご質問、ご連絡などお気軽にコチラから!  

ご連絡、お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*